new_koumuin_freshman’s diary

新米公務員の日記です。

公務員の給料は安い( ´;ω;` )


f:id:new_koumuin_freshman:20171018213937j:image

公務員の給料表です。

右に行くほど高位な役職に就いている人、さらに下に行くほど公務員年数が多い人の給料になります。

大体、新卒の初任給は1級27~30号(画像では途切れていますが…)あたりの17~20万円あたりなります。

今のご時世、民間企業の新卒の給料は20万円を越えるところがそれなりにあるのですが…。

公務員は定期昇給のため、毎年1月1日付けで給料表の下の段の給料に切り替わります。

昇格すれば隣の列の上側の給料になります。

 公務員って、若いうちはあまり給料をもらえません。

実家から通勤するのであれば、あまり苦には感じませんが、独り暮らしをすると家賃や生活費の支出が多くなり、手元に残るのは月に数万円程度なんてザラです。

家賃の補助もありますが、近年歳入の減少から補助の縮小があり、家賃の半分以下しか補助が出ないこともあります。

民間企業は、家賃の全額を負担してくれるところもあります(持ち家ローンの月々の返済ですら一部負担してくれる企業もある!)。

 

「公務員は楽してお金貰っている」というイメージが社会の中にありますが、決して良くはありません。

4月から公務員になる方へ。

4月から公務員になられる方、合格おめでとうございます。

 

4月から公務員になられる方向けに、今の時期どのようなことをしておけば良いか、メッセージを送りたいと思います。

まず、学生からストレートに公務員になられる方へ。

国家公務員一般職や地方公務員、特に市区町村の役所に勤められる方は、電話に出る練習をしましょう。

入庁して1~2週の間に電話に出させられると思います。

相手方が何を求めているのはきちんと聞けるようになりましょう。

その上でわからない内容であれば、先輩職員や上司が助けてくれます。

入庁したての頃であれば、他の職員がでてくれますが、しばらくすると「新人がすぐ受話器を取るのが当たり前だろ」と言わんばかりに、新人以外電話に出なくなる部署もあります。

電話に抵抗意識を持たないよう、今から練習しましょう。

そして、入庁まで思う存分遊びましょう。

社会人になると、遊ぶ時間はほとんどなくなります。

平日にディズニーランドに行くには、わざわざ休みを取らないと行けません。

大学生の方は、大学の後期のテスト終了~3月31日まで恐らく暇になると思います。

その期間にたくさん遊びましょう。

 

迷惑な市民(タイプ別)

認知症なのに一人で来て長話する。(危険レベル★)

こういった方は職員に対して危害は加えないのですが、仕事をする時間を削られてしまいます。

 

②何でもかんでも役所の人間に質問して、自分に有利になるような答えを得て、役所のお墨付きを得ようとする住民。(危険レベル★★)

答えが一つしかない質問であれば、公務員は住民に対して自信を持って答えられます。しかし、ケースバイケースのものなど、状況によって答えが変わるような質問について答えることはできません(責任を問われかねないから)。住民によっては、自身の考え正しいという同意を公務員に求め、その考えについて役所のお墨付きを得ようとする者もいます。大抵こういった方は、「答えられません」と言っても回答を求めてきます。場合によっては面倒になる。

 

③良かれと思って自治体に対して提言をしてくる(危険レベル★★★)

いわゆる「プロ市民系」の人間ですね。そういった人の意見は、公平でないことが多いです。また、多額の財政拠出が必要になる提言までしてきます。私の自治体には10名ほどそういった方がいるのですが、ほとんどが「私は高学歴なので良い意見を持っている。だからその意見を提供してあげる」というような感じで言ってきます。思い通りにならないと、突然怒りだし、「首長を呼べ!」などと叫びます。面倒な人がほとんどです。

 

④暴力的手段を用いる市民(危険レベル★★★★★MAX)

場合によっては、命の危険があります。まずはそういった市民に近づかず、警察を呼びましょう。

「将来転職してやる!」という強い気持ちで対策を始めました。

明けましておめでとうございます。

そしてまた2ヶ月近く放置してしまいました。

 

まぁ色々と面倒なこともありましたが、何とか生きています。

そんな中、タイトルにも書いた通り、転職に向けて下準備を始めました。

資格の取得がメインですけどね。

やっぱり、自分に縁も所縁もない自治体で働くことはかなり酷です。

公務員の採用は公平に行われるので入庁前は意識していませんでしたが、入庁してから「なんでうち(自治体)に来たの?やっぱり受かりやすいから?(笑)」、「君の出身地のほうがお給料良いのにね」などと言われ、村八分状態です。

「受かりやすいから受けた」なんて口が裂けても言えません…。

適当に誤魔化してます。

 

自分に何か関係のある組織や団体にいないとモチベーションが上がらないことに最近気付きました。

現在働いている自治体は私とは全く関係がないため、あまり目標や熱い思いはなく働いています(逆にそれによって精神衛生上良いこともあります)。

やっぱり、充実感はないですね。

働くことの悦びも感じないです。

縁も所縁もない自治体の住民から罵声を浴びせられる、文句を言われる、これほど不快なことはないですね。

おまけに役所内は閉鎖的な人間関係…。

毎日淡々とやることやって帰宅しています。

 

というわけで、私と縁も所縁もある組織に転職しようと考えています。

数年以内に転職しようと思います。

若いうちでないと採用してくれませんから。

まずは資格を取得して履歴書の空欄を埋めないと!

1ヶ月以上放置してしまいました…。

久しぶりの投稿です。
書くネタがなかったもので…。

しかし、時間が経つのは早いもので、師走になろうとしています。
我が自治体の採用試験は全て終了し、最終合格者が確定しました。
新年度に向けて、様々な準備が始まっています。
早く年末年始休暇を堪能したいです(笑)

二次試験の季節。

9月中旬に実施された一次試験の合格発表がなされ、現在は二次試験の季節です。私の自治体でも、自治体幹部との採用面接が始まっています。リクルートスーツを着た受験生を見ると、「私も1年前はあんな感じだったんだ」と思い出します。懐かしいですね。

二次試験を突破し、採用された方と来年4月にお会いできることを楽しみにしています。

選挙ムード一色!

明日、衆議院が解散され、総選挙に突入します。

役所は、安部首相が解散を検討し始めたときから準備を開始しました。

若手職員にとっては、投票日に投票所などに動員されれば日当が支給されるので、楽しみにしている人もいますよ!

私も選挙事務を担当しようかなと考えています。